日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例39 長崎県・大島町(人口5,908人 面積13.29km2)

〜勇気そして感動をありがとう 長崎大島トライアスロン大会〜

 

1. 交流事業の契機

長崎大島トライアスロン大会は、大島町が展開する数多くの地域おこしの一環として、町内企業の特別協賛や多くの町民の全面的なボランティア参加など、あらゆる支援のもとに実施しているもので、全国から集まるトライアスリートやその家族と島の人々との交流、あるいは町のイメージアップ、さらには島の厳しい自然条件の中で、“自らの可能性と限界に挑戦する”トライアスリートの雄志と心意気を、21世紀に向かう大島町の地域おこしの糧として役立てようと開催している。

 

310-1.gif

スタート(大釜海水浴場)

 

2. 交流事業の経過・概要

長崎大島トライアスロン大会は平成5年より開催され、今年で6回目を迎えた。大会は毎年夏に開催され、20代の若いトライアスリートから国内最高齢である75歳のトライアスリートまでが、潮流の激しいスイム(1.5km)、大島特有のアップダウンと急カーブのバイクコース(40km)、真夏の太陽が照りつけるランコース(10km)と、厳しい自然との戦いに挑む。

最初の種目であるスイムは危険な種目であることから、入水チェックは慎重に行われ、会場では漁協・消防団員が監視にあたる。バイクは最高速度が時速70kmに達する危険の伴う種目であるため、コース内の急なカーブなどには防護壁・畳などを設置し、事故防止に努めている。ランはアスリートと住民が最もふれあうことのできる競技であり、スイム・バイクと体力を消耗してきた選手にとって、地元住民の声援の後押しは例えようのないエネルギー源となっている。

 

310-2.gif

風を切るようなスピードで快走する選手

 

3. 交流事業の効果

大会は、前日の受付・開会式・宿泊・大会当日の競技・完走パーティーと進行していくが、運営は町民の代表によって組織される実行委員会を中心とし、専門部会として13の部会が設置されており、その世話役は600名を超す町民のボランティアによって支えられ、運営されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
14,253

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から