日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例33 広島県・高野町(人口2,650人 面積159.18km2)

〜タカノの町の交流会〜

 

1. 交流事業の契機

平成7年に、広島西税務署勤務の高野町出身者が、タカノ橋商店街振興組合の役員に高野町の婦人グループが作る特産品(古里の漬物)を紹介したことを発端に、広島市中区にある「タカノ橋商店街」と広島県最北端の町の「高野町」との「ごろ合せの交流」が始まった。

タカノ橋商店街の提案を受け、物産市のみならず、同じ「たかの」という名を持った住民同士の交流会をもつことで、互いの地域の活性化に向けた都市と農村の交流を目指している。

 

2. 交流事業の経過・概要

1) 平成7年8月

第1回交流イベント「タカノの町の交流会」(高野町物産市・ふるさとクイズ・一日高野事務所・物産展示・写真展示・ふるさと出身者登録・広報購読受付など)

2) 平成7年11月

第1回バタバタ祭り交流イベント(高野町物産市・ワラ細工コーナーなど)

※バタバタ祭りとは、たかの橋に伝わる戦後に現れたというオバケ(バタバタ)にちなんだ祭り

3) 平成7年12月〜

毎週高野の水(源流水20リットル)を送り、商店街組合員の店が「源流パン」を焼いて販売。現在も続いている。

4) 平成8年8月

第2回交流イベント「タカノの町の交流会」

5) 平成8年11月

第2回バタバタ祭り交流イベント

6) 平成8年11月

高野町ハートフル高原フェスタにタカノ橋商店街の6商店(喫茶店、洋服店、食器店等)が参加出店。

7) 平成8年 秋

タカノ橋商店街スタンプツアーの買物客が高野町へリンゴ狩り・大根抜きに来町。

8) 平成8年 秋〜

高野町の米「源流コシヒカリ」をプライ

ベートブレンド米として販売を始めた。

 

298-1.gif

高野町産地直送市

 

9) 平成8年12月〜

商店街組合員の店内に、高野町情報発信拠点“ミーティングプレイス高野”を開設。毎月の広報・パンフレット・旬だよりを常設。専用ファクスを設置し、高野町への提言や問い合わせを受けている。

10) 平成8年〜

高野の味噌・りんごジュース・野草茶・酒などの物産の販売を、商店街組合員の店で始めた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から