日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


準備から参加いただいた方やシンポのパネラーとして発表いただいた方など、ボランティアの交流の輪が広がった3日間であったとともに、素朴な地域資源の大切さを再発見するイベントとなった。精華大学の学生もスタッフとして大活躍したことはいうまでもない。

 

283-1.gif

露天風呂の制作

 

283-2.gif

交流イベント「タコばかし」

 

3. 交流事業の効果

廃校となった小学校の校庭はキャンプ場に、地区の集会所はふれあいセンターとして改築、道路も改良され橋もかけ替えられるなどハード面の整備とともに、若者もUターンするなど都市との交流を継続した効果は大きい。皮肉なことに廃校後、小さな子供達が増えている。

一方、調査に入った精華大学の学生達は、鞍内の秋まつりに招待されるまでになり、その時の作品が町のイメージポスターとして活用されたり、地元中学校へ教授や学生が講師として招かれるなど、精華大学との交流は新たな展開を見せ始めている。

 

4. 交流事業の問題点と今後の展望

確実に交流人口は増加し、道路整備なども進展しているが、実態として過疎は止まらず、止められない。廃校校舎の活用方策も提案されるが、財政状況が厳しく手はつけにくい。それでも今年、精華大学は廃校内の家具を製作した。地元中学生の郷土学習の取組みも続き、交流イベント『タコばかし』の継続も決まった。

少しずつ住民の意識が変わり、自分達の地域に自信が生まれつつある。Iターン希望者の問合わせも相次ぎ、町は遅まきながら総合的な定住対策の検討に入った。

この検討においても、TOCに乗り大学との協同作業として交流しながら進めていく方針である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
14,152

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から