日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例25 京都府・丹後町(人口7,680人 面積64.96km2)

〜京都府最北端の町は交流の里〜

(それは小さな村の実践から始まった)

 

1. 交流事業の契機

丹後半島の先端、日本海に突き出す経ケ岬のすぐ西に流れる清流「宇川(うかわ)」。その上流に全戸数20戸の『鞍内(くらうち)』集落がある。昭和40年代までこの鞍内より上流に4つの集落があったが、全て離村・廃村となり、鞍内の子供達だけとなった小学校の統合(廃校)問題が浮かび上がっていた。昭和63年、旧国名同士の縁で大阪府摂津市から、子供達の交流の依頼が舞い込む。山村留学への期待を持ちながら以来10年間、民泊など村人総出で続けた鞍内の取組みが、新たな交流の呼び水となっていく。

平成7年度から、京都市内の大学と北部の市町が協同して「地域文化」づくりに取り組む京都府の「丹後地域オープンカレッジ事業」(以下、TOC)が始まる。丹後町には京都精華大学のセミナーハウスがあることから、町と大学はTOCに乗りながら積極的な取組みを進めることになるが、その主要なテーマが「宇川」であり、平成3年に廃校となった小学校の活用となったのもまた必然というべきであろうか。

こうした中で平成9年1月、ナホトカ号の重油災害が発生する。マスコミ報道の通り全国からボランティアが駆け付け、本町でも延べ7千人の方々に回収作業にあたっていただいた。精華大学の学生も繰り返し来てくれたのはもちろんである。

そして、美しく蘇った日本海、この感謝を形に変えたい、そんな思いから交流イベント『タコばかしサミット』が誕生する。

 

2. 交流事業の経過・概要

摂津市との交流は、小学校が廃校となったことを契機に、それまでの子供中心の交流から親子一緒の交流へと変化し、夏は摂津が鞍内を訪ね、秋には鞍内が摂津を訪問というパターンが定着している。

一方、精華大学は、鞍内をはじめとする宇川流域の集落を訪ね、人々の生活や植物、アユなどの特産物を調査するとともに、廃校となった小学校の活用方策について鞍内区民とワークショップを重ねた。また、『タコばかしサミット』へ向けて、建築科の学生達はサミットの会場となる海水浴場に、地元の大工さんや中学生と交流しながら船の形をした露天風呂を製作する。

平成9年9月25日、ボランティアに感謝するボランティアによる取組み『タコばかしサミット』が開幕。伝統漁法である「タコばかし」をテーマとしつつ、環境を考える「ゆでダコシンポ」や砂浜運動会など、交流イベントは大成功に終わる。

 

282-1.gif

精華大学と鞍内区民のワークショップ

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から