日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例24 三重県ふるさと振興協議会

〜過疎地域まちおこし交流会(ふるさとみえ)〜

 

1. 交流事業の契機

本県の過疎市町村である飯高町のまちおこしグループのICC(飯高コミュニケーションサークル)が、前年に初めて他県のまちおこしグループを視察したことを契機に、自分たちの活動をもう一度見つめ直し、平成5年度に、自分たちと同じような課題を持つ県内の過疎市町村の地域グループと互いに本気になって熱い思いを語る意見交換の場を設けることを目的に、官民を巻き込んだ広範囲なレベルでのシンポジウムを開催した。

この意向を受け、飯高町(行政サイド)がICCへのサポートとしてシンポジウムを共催、また、三重県ふるさと振興協議会(当時:三重県過疎地域活性化協議会)も飯高町からの依頼を受け共催に参加した。

この飯高町でのシンポジウムを契機に、県下過疎市町村(行政サイド及びまちおこしグループ)がその継続の必要性を認識し、三重県ふるさと振興協議会を調整機関として、翌年度以降順次開催していくこととした。

 

2. 交流事業の経過・概要

(1) 事業内容

県下過疎市町村(12市町村)のまちおこしグループ等が毎年当番市町村となり、行政とタイアップのもと、他の市町村のまちおこしグループ等を自分のまちに招き、自分たちが事業主体となって企画から運営までを行うシンポジウムである。シンポジウムの開催の目的は、県下過疎市町村のそれぞれのまちおこしグループ等が、自分たちの活動を通じて今考えていること、悩んでいることを中心に意見交換・交流を行い、「なかまづくりがまちおこしの原点」との考えのもと、過疎市町村間の交流の促進を図ることにある。

シンポジウムのプログラムとしては、その内容等について決まった形はなく、それぞれの開催グループに任されているが、概ねの傾向としては、県内外で活躍しているまちおこしの仕掛人等を講師に招き、講演、パネルディスカッション等を行い、その後参加者の交流会を行っている。

特に交流会では、開催市町村はもとより参加市町村もそれぞれの特産品を持ち込み、各市町村の特産品紹介を兼ねて味自慢を繰り広げている。また、参加市町村からそれぞれ地元の歌や踊り等を交えた市町村紹介も行われる。

 

280-1.gif

イベントのひとこま(南勢町)

 

(2) 事業主体

第1回のシンポジウム開催以来、事業主体・企画・運営は、原則として当該市町村

(県下過疎市町村)のまちおこしグループもしくは、まちおこしグループのネットワーク(民間サイド)とし、当該市町村(行政サイド)と三重県ふるさと振興協議会が共催に参加するという形で進めてきている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から