日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例23 愛知県・足助町(人口10,400人 面積193.27km2)

〜足助町福祉センター「百年草」小さな足助の試み〜

 

1. 交流事業の契機

足助町は、193.27km2ある町土の約87%が山林である。県下でも第7番目という広大な面積を有しながらも、人口は1万300人余と小さな町である。

江戸時代、足助の町は伊奈街道の宿場町として、また多くの商家が集まる商業地として栄えた。しかし、明治40年に国鉄中央線が開通し、宿場的機能は失われていった。特に昭和30〜40年代にかけて過疎化が進み、町の活力低下が危惧されている。現在、過疎町村で盛んに叫ばれている高齢化問題は、当町にとっても例外ではなく、高齢者対策が町の大きな課題となっている。

反面、大正末年に町民が金になる杉・檜を伐採し、もみじを植えて造りあげた「香嵐渓」が、現在は東海随一といわれる紅葉の名所となり、毎秋多くの観光客が訪れるという観光の一面もある。

そこで本町では、高齢者対策と観光の機能を併せ持たせた『福祉センター「百年草」』を、平成2年10月にオープンさせた。

 

2. 交流事業の経過・概要

「百年草」という名前は、平成2年が町政施行百周年にあたることと、「足助にある山野草を愛と慈しみの心で育てていくように、そして雑草のように元気で100歳まで生きるお年寄りになってほしい」という願いが込められている。

「百年草」には、『保険福祉課・老人福祉センター(特A型)・在宅老人デイサービスセンター・レストラン&ホテル・浴場・喫茶・足助ハムZiZi工房・Bakeryバーバラはうす』が併設されている。一見、足助の町に不似合いな冷たい印象を与えるモダンな鉄筋コンクリート3階建ても、足助町山草研究会の手によって和の花で彩られ、清楚な息吹を漂わせている。内に入るとふんだんに使われた木が温かく迎えてくれる。レストランには若者や観光客に混じりナイフとフォークでフランス料理を食するダンディーなおじいちゃんとおばあちゃんがおり、風呂上がりに喫茶で一杯やっている人や、デイサービスを受けている人もいる。

「百年草」の根底に流れているのは、“ノーマライゼーション(共生)”の精神である。健康な人や健康を害している人、若者から観光で訪れた人々…様々な人が平等に気軽に利用し、ワイワイがやがやできる交流施設を目指した。そうした人々との交流から笑顔や喜びが生まれ、新たにお年寄りの生きがいも生まれてくる。従来、福祉センターはお年寄りだけが利用するものという、ともすれば暗いイメージが強かった。しかし、真に安らぎと生きがいに満ちた生活を送るには、自助・自立の精神で、その人の能力を生かした仕事場と、様々な人との交流による刺激が大切である。

元気なお年寄りの就労の場として、「足助ハムZiZi工房」「Bakeryバーバラはうす」がある。「ZiZi工房」ではハムの製造・販売を行っており、 1年間かけてハムの製造技術を習ったおじいちゃんたちが元気に働いている。「バーバラはうす」では名古屋から移り住んだ職人さんを中心に手作りのパンを焼き、販売している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から