日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例21 岐阜県・清見村(人口2,617人 面積359.16km2)

〜「ひだ清見ふるさとプラザ」の概要と今後の展開〜

 

1. 交流事業の契機

大野郡清見村は、高山市に隣接し、高山駅から車で15分程の位置にあるが、総面積59km2の広さに2,620人の住民が暮らす過疎の村である。これほど広い村であるが「ありそうでないもの」が5つあり(スキー場、ゴルフ場、駅、ダム、そして温泉)、特筆すべきものがない状況にあった。

この村をそれなりに有名にしたのは、天然林の保全と自然景観がおりなす「飛騨せせらぎ街道」である。そして、この街道の自然景観保全を手始めとする都市・山村交流活動の拠点「ふるさと公園パスカル清見」の建設が、過疎の歯止め、小学校の存続、都市との交流につながり、都市に村のアンテナショップを開設するまでに至った。

 

2. 交流事業の経過・概要

清見村と愛知県一宮市本町商店街の交流は既に6年前から始まっていたが、そのきっかけは、一宮市本町商店街の役員がパスカル清見の宿泊体験イベントに参加したことであった。それを契機に、低迷の続く商店街と過疎の山村というどちらも同じような悩みを持つもの同士が、知恵とアイディアを出し合い、相互の繁栄を願って各種の交流事業を行い、理解を深めてきた。

そして平成8年3月、商店街の店舗に空きができたのを契機に、商店街から清見村に出店の打診があり、かねてからアンテナショップの必要性を感じていた村との間で話が進み、現在の出店に至っている。

アンテナショップ「ひだ清見ふるさとプラザ」は、JR尾張一宮駅から徒歩7分程度の商店街の中心にあり、ゆったりとした間口で店内も広々としており、商品は整然と配置されている。鉄筋二階建て、面積は約165m2あり、一階は清見村特産のドレッシング、アイスクリーム、飛騨和牛加工品、味噌、菓子、ハーブ製品や、清見村在住のクラフトマンが作成した木工品等を中心に、飛騨産品が揃っている。ニ階は多目的に利用できるホールとなっており、リース教室や木工教室等の体験イベントに利用したり、時には商店街主催のイベントや会議等に貸し出している。店の従業員は女性3人(1人は企画営業)で地元の一宮市から採用している。

 

274-1.gif

「ひだ清見ふるさとプラザ」の店先

 

3. 交流事業の効果

(1) 知名度、誘客の向上

人口2,620人の小さな村が都市にアンテナショップを開設していることは、新聞、テレビ、ラジオ等のマスメディアを通じて開設時は勿論その後も何度か報道された。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から