日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


3. 交流事業の効果

連合東京にとっては、高柳との交流により、改めて地域社会での人と人との繋がりや、本来人間が持つ助け合いの大切さを実感し、ボランティア活動、自然環境の大切さ、高齢化等に対する意識付けがなされた。

また、高柳にとっても交流による波及効果は大きく、地域住民には都会の若者との対話が大きな精神的支援となっており、町としても最新情報・ニーズの入手を含めたアンテナショップ的な期待が高まり、経済効果にも大きな成果が得られている。

 

4. 交流事業の問題点と今後の展望

交流は全体的な広がりを見せているわけではなく、限られた範囲内でしか行われてないことから、大きな輪となるために今後もお互いに理解を深めていく必要がある。

また、交流の契機ともなったボランティア活動についても、緊急時の即応体制がいかにすればスムーズに取れるかなど、検討する余地が多い。

今後は、高柳町と「連合東京じょんのびの会」がさらに理解を深め、パートナーシップにのっとり、少子・高齢化時代における高齢者介護や過疎地域の課題についてともに考え、都会とふるさとが心豊かに“じょんのび”らしく交流を深められるよう「ふれあい交流協定」実現に向けて互いに努力していきたい。

 

265-1.gif

地元の人の指導で翌日使う「かんじき」をつくる

 

< 参考 >

◆「雪堀ボランティア」の実績

第1回 1995/2/9〜2/12 32名参加(門出、荻ノ島地区)

第2回 1996/2/9〜2/11 36名参加(門出、荻ノ島地区)

第3回 1997/2/8〜2/10 59名参加(門出・田代、荻ノ島、山中・塩沢地区)

第4回 1998/2/7〜2/9 55名参加(門出・田代、荻ノ島、山中・塩沢地区)

◆「雪堀ボランティア」の内容

初 日:地域の人々の指導により雪掘に使う「かんじきづくり」を行ないながら交流。

2日目:地域の人々の指導により雪堀を行い、夜は地域の人達と交流会を実施。

3日目:感想等を発表しあい、総括を行なう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
14,606

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から