日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


(2) 居住者と小学生との交流

エリアの入居者と町立白山小学校児童との交流は、平成2年に白山小学校からボランティア活動として「施設の窓拭きをしたい」との申し出があったことから始まり、平成3年には入居者が白山小学校の運動会や学芸会に招待を受け、翌4年には児童を施設行事のクリスマス会に招待する等の交流を重ね、以後、学校行事(学習発表会)への招待、施設での花植え・ふれあい訪問に加えて、学年単位での奉仕活動へと交流を拡充してきている。

 

3. 交流事業の効果

エリアを中心とした交流活動により、本格的な世代間交流が増加し、町民の多くがエリアに足を運ぶようになった。町民のボランティア意識も高揚し、3,000人を超える人がボランティアとして登録し、毎日のようにエリア内でのボランティア活動が見られるようになった。このボランティアは、婦人会や学校、職場など各種団体ごとに登録され、大森町社会福祉協議会と連絡調整しながら活動を実施しており、このことは、地域においてエリアの役割が住民に広く認識、理解されていることの反映と思われる。

また、入居者にとって活き活き学園をきっかけに多くの人と触れ合うことは、生きがいを持ちながら楽しく暮らす手助けとなっている。

その他にも、学園活動により、陶芸・木工など全くの初心者であった入居者の作品が県展に入賞するなど、技術の向上にもめざましいものがある。スポーツ面においても、ラージボール卓球で全国大会に出場する入居者も出てきている。

白山小学校においても、エリアの入居者と交流することにより、ただ施設に行って掃除をしたというだけでなく、児童たち自身の中から「今度はエリアの人たちに手紙を出そう」「エリアの人たちを運動会に招待しよう」「今度エリアに行った時は竹とんぼの作り方を教えてもらいたい」など、エリアの入居者を考えた(意識した)発言が多くなり、交流が始まってから児童の行動が確実に変化したことを先生たちが認めている。児童たちに、お年寄りを大切にする心が現われ始めており、子供たちの成長にも良い影響を与えているものと確信している。

 

257-1.gif

白山小学校児童との交流

 

4. 交流事業の問題点と今後の展望

活動7年目に入った活き活き学園は、マンネリ化の傾向が出てきており、参加者も固定化が進んでいるため、参加者を更に広げ、世代間交流を促進し、積極的な地域参加プログラムを構築する必要がある。

また、入居者は、活き活き学園活動を通して技術の向上にめざましいものがあり、一人一人が講師になるまでに上達しており、この技術や作品などを町民に還元する機会を創出し、地域社会に積極的に参加できるような環境を整えなければならない。

入居者と児童との交流については、今後、町内全学校に拡大し、学校教育プログラムのー部として位置付けたいと思っている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
14,317

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から