日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例10 宮城県・丸森町(人口18,794人 面積273.34km2)

〜筆まつりの開催と緑筆(えんぴつ)による交流事業〜

 

1. 交流事業の契機

平成9年の4月と12月、東北の山間の集落からヒマラヤのブータン王国の教育庁に、日本全国から集まった筆記用具が贈られた。

過疎に悩むこの集落で、様々な提案がなされ、汗をかき地域を熱くし、交流の輪を国内外に広げた事業を紹介する。

(1) 地区の概要

宮城県丸森町筆甫(ひつぽ)地区は、宮城県の最南端に位置し、福島県に突き出た山間の集落である。面積は約77km2と広いが、人口はわずか1千人程度の東北地方の典型的な山里である。昔から里山とともに暮らし、伝承文化が受け継がれ、昭和初期には「遠野物語」で知られる民俗学者「柳田国男」氏らによって民俗調査がなされるなど、地区に伝わる伝説も数多い。筆甫という地名の出来については、旧筆甫村歌の歌詞に「政宗公が名づけたる、筆のはじめの誉れなり」とあるが、定かではない。

昔は林業で栄え、豊富な森林資源の恩恵を受けて活力がみなぎっていた筆甫村であったが、社会情勢の変化に伴い、昭和29年、部内の2町5ヶ村と合併し、新しい丸森町の1地区となった。その後は年々人口も減少し、合併当時は2千6百人を数えたが、現在では1千人そこそことなり、過疎化、高齢化社会を絵に描いたような深刻な状況に陥っている。

(2) 実行委員会の母体の発足

平成5年、地区内に衝撃が走った。前年度には9人生まれた子供の数が、この年はゼロだったためである。寄り合いの席で出るのはため息と「何とかしなければ」という言葉ばかりであった。その様な中で、地区内の小中学校の教師、父兄などが中心となり、病気の筆甫を元気にしたいと『ひっぽ・クリニック・さぁ来る』が結成された。そこから、地区のシンボル「筆神社」を建てて「筆まつり」を開催し、地区に活気を取り戻そう、という提案がなされた。

 

252-1.gif

ブータン王国の子供が描いた絵

 

2. 交流事業の経過・概要

平成8年の春、事業の構想がまとまり、住民に協力を呼びかけたところ、農業者、会社員、主婦等30人が集まり、筆まつり実行委員会が発足した。

委員会では、筆神社建立と筆まつりの内容が検討され、筆にまつわるイベントが次々と提案された。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から