日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例8 青森県・南郷村(人口7,049人 面積91.13km2)

〜ジャズフェスティバルによる都市住民との交流事業〜

 

1. 交流事業の契機

当村は、「過疎」という暗いイメージを一掃することを大きな目的とし、「過疎で元気のない村に活気を呼ぶ音をたてよう」を合言葉に、村内外の若者からかつてのオールドフアンまでファン層の厚いジャズに着眼した。

このような背景から、村外の人に対し「行ってみたい村」として売り込み、多くの人々に実際に村へ来てもらい、村民に多くの人々と触れ合う機会を提供し、村の素晴らしさを内外に広め、交流人口の増加を図るとともに、若者に活動の場を提供することを狙いとし、ジャズフェスティバルの開催となった。

 

2. 交流事業の経過・概要

平成2年10月に村立総合体育館で第1回目を開催し、翌年から会場をカッコーの森エコーランドの野外ステージに移し、毎年夏に開催している。出演者は国内外の一流ミュージシャンで、主な出演者としては日本からは日野皓正、ジョージ川口、渡辺貞夫、松本英彦、北村英二、海外からはロン・カーター、マル・ウォルドロン、ジャッキー・マクレーン、ザ・シュープリームスらがあげられる。またこれから活躍する若手も紹介することにしており、大西順子、原朋直、鈴木重子、山田穣らが出演している。このジャズフェスティバルの開催は、村の若者や各団体等で組織する実行委員会が主催し、準備から当日の受付、楽屋、ステージの運営、駐車場の整理、売店、翌日の後片付けまでボランティアで行っている。このためスタッフ総数は約300人にもなり、村民総ぐるみでのフェスティバルの開催といった感じである。また最近は青森大学をはじめ村外からもボランテイアスタッフとして参加してくれる若者も増えてきている。

 

248-1.gif

会場での特産品販売も人気の的

 

3. 交流事業の効果

今年の開催で第9回をかぞえ、恒例となった夏のイベント「南郷サマージャズフェスティバル」の開催は、全国各地から訪れたジャズファンによってジャズの村としてPRされ、出演者もまた南郷をイメージして作曲したCDを全国発売するなど、全国へジャズの村「南郷」として定着しつつある。村民もまた全国から訪れるジャズフアンを温かく迎えようとする気持ち、村に対する新たな誇りと愛着を持つようになってきている。また、会場内には、農協、婦人会、加工グループ等による特産品等を販売する屋台が設けられ、訪れたジャズフアンとの交流の場となり、またそれをきっかけに新たな特産品が開発され販売されるようになってきている。

ジャズフェスティバルの開催は、村のイメージアップにも大きく貢献し、村を訪れる人々も年々増加してきたことから、都市との交流を目的とした宿泊交流施設、南郷村総合交流ターミナルを整備した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
14,253

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から