日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


4) 平成9年度は、コテージの増設(倍増)、開閉式露天風呂の増築などを実施した。

5) 平成10年度以降は、レストラン、交流ハウス、風力発電施設、ガラス工房、電動モノレール、物産館、白神展望所ほかの整備を行うこととしている。

6) コテージ利用者数の推移は次の通り。平成7年度6,346人、平成8年度7,032人、平成9年度7,171人。

 

247-1.gif

日本海や自神山地も一望できる「新コテージ」

 

3. 交流事業の効果

1) 経済的効果

WeSPa椿山の利用料(コテージ利用料、開閉式露天風呂利用料など)は、年間5千万円を超えており、順調に推移している。また、観光PR面等地域経済に及ぼす影響も小さくない。

2) 定住促進効果

施設の管理運営は、町が地域おこしのために設立した第3セクターである(株) ふかうら開発に委託している。(株)ふかうら開発は、現在40名を超える従業員を抱える企業として就業の場を提供するとともに、観光、地場産業振興の中心企業となっているが、WeSPa椿山の運営はその中でも大きな役割を果たしている。

3) 住民意識面での効果

WeSPa椿山は、当町における地域間交流の拠点として県内外の高い評価を得ており、町民が自信を持って他に紹介できる施設となっている。

 

247-2.gif

「開閉式露天風呂」からの眺めは最高

 

4. 交流事業の問題点と今後の展望

1) 地元産品の一層の利活用方策の検討

2) 利用者ニーズの的確な把握

3) 過大投資の防止

4) 体験施設の充実

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
14,317

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から