日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例7 青森県・深浦町(人口9,572人 面積315.34km2)

〜滞在型交流施設 WeSPa(ウエスパ)椿山〜

 

1. 交流事業の契機

当町の椿山地区は、青森県の西端に位置し、その海岸線の景観の素晴らしさから津軽国定公園に指定されている。また、日本海に大きく張り出した半島状の椿山は、ヤブツバキの北限の自生地として、貴重な位置を占めている。

また、背後には、世界遺産(自然遺産)に登録された「白神山地」の主峰「向白神岳」や「白神岳」が一望できる。

さらに椿山地区の海岸には、昭和40年代から温泉が自噴していたが、未利用であったことから、この素晴らしいロケーションと温泉資源を活かした交流施設の整備を目指したものである。

 

2. 交流事業の経過・概要

1) 平成5年度、平成6年度の2ヶ年事業(国土庁の過疎地域滞在施設整備モデル事業)で、南欧の避寒地をイメージした石積風コテージ5棟10戸、温泉を活用した開閉式露天風呂、センターハウスなどを整備した。

2) 平成7年4月のオープン以来人気を博し、夏季の最盛期には満員で、予約を断る人数が定員の何倍にも及んだことや利用者から飲食提供施設の整備を望む声が多かったことから、施設の拡充整備を図ることとした。

3) 平成9年度から5ヶ年事業(自治省の特定地域における若者定住促進等緊急プロジェクト)で、クリーンエネルギーである風力発電施設と、世界遺産「白神山地」を一望する展望所の2施設の整備をメインとした、「白神エナジーパーク整備事業」として、WeSPa椿山を含む周辺の整備を実施することとした。

 

246-1.gif

のどかなヨーロッパの風景を思わせる「椿山コテージ」

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から