日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例6 北海道・忠類村(人口1,886人 面積137.54km2)

〜ちゅうるいまるごと体験交流〜

 

1. 交流事業の契機

忠類村は、道東十勝平野の南部に位置し、西には日高山脈を望む、緑豊かで自然に恵まれた村である。

基幹産業は、てん菜や馬鈴薯、小麦、豆類などの畑作と酪農である。十勝地方の農業は、恵まれた土地資源を生かし、規模の拡大や基盤整備を図りながら、北海道内でも多くのシェアを占めるが、我が国の農業全体が依然として厳しい状況にあるため、離農者の増加、後継者不足が続き、平成2年の国勢調査で2,013人あった人口が、平成7年の調査では1,871人と過疎化が進展している。このため、村では平成8年度から定住促進事業を推進しており、その一環として、埼玉県上尾市との交流事業を実施している。

上尾市と忠類村は、昭和50年から子供会の間で交流が続いており、今年で24年目を迎える。上尾市から忠類村を訪問した子供は400名を超え、現在では子供達の交流のみにとどまらず、物産などの各種の交流事業を進めるまでに発展している。

 

2. 交流事業の経過・概要

平成9年度から上尾市民を対象として、「ちゅうるいまるごと体験交流」事業を始め、昨年は18名、今年は19名の参加者があった。参加者は1人3万5千円の負担金を支払い、村内の農家や村営の温泉宿泊施設に宿泊し、パークゴルフ、酪農家見学、イモやトウモロコシなどの農作物の収穫、砂金堀めや乗馬を体験した。特に今年から実施した乗馬体験が好評だったほか、農作物の収穫などに人気があった。

 

244-1.gif

農作物の収穫作業で農業機械の運転も体験

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から