日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例4 北海道・猿払村(人口3,087人 面積590.37km2)

〜サハリン州オジョールスキィ村との交流〜

 

1. 交流事業の契機

猿払村は、日本最北端の地、宗谷岬から車で約30分のオホーツク海に面した水産業と酪農の村である。戦後すぐの時期は、緊急開拓事業と炭鉱の開山により、転入者が多かったが、農業と漁業の不況や炭鉱の閉山により昭和30年以降減少を続け、昭和35年の国勢調査人口は8,319人であったが、平成7年度には3,121人に減少している。

昭和14年にソ連の貨客船インディギルカ号が暴風雨のため猿払村浜鬼志別の沖合で座礁転覆事故を起こした。村民総出で救助活動を行い、約400名を救出したが、720名の犠牲者が出た。地元では毎年犠牲者の供養を行っていたが、昭和46年にインデイギルカ号遭難者慰霊碑を建立した。この事故を契機として、ソ連と猿払村の交流が始まった。

 

2. 交流事業の経過・概要

昭和63年7月、猿払村漁業協同組合と猿払交易株式会社に、サハリン州漁業消費協同組合から海産物の増殖に関する合弁企業設立の申し込み等があったが、実現を見なかった。

また、同時期、サハリン州オジヨールスキイ村から、猿払村代表者を招待したいという申し入れもあり、平成2年6月に村長、議会議長、産業界、労働界からの代表団14名がオジョールスキィ村を訪問し、各界代表者との懇談の後、姉妹関係促進に関する議定書を調印した。

 

240-1.gif

皆で一緒に盆踊り

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から