日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


事例3 北海道・中富良野町(人口5,920人 面積108.70km2)

〜フラワー都市交流〜

 

1. 交流事業の契機

中富良野町は、北海道の中央部富良野盆地に位置し、東方には国立公園大雪山系十勝岳連邦の峰々、西方には道立自然公園の芦別岳を主峰とする夕張山脈を望み、丘陵部は畑地帯、平坦部は水田地帯で、農業を中心にまちづくりが進められてきた。

中富良野町の町花であるラベンダーは、昭和23年頃から富良野地方で初めて栽培が始まり、最盛期には130haも栽培されていたが、人工香料に押されて栽培は次第に少なくなり、ファーム富田などラベンダーを愛する人たちによって作られ続けてきた。

昭和52年に、国鉄カレンダーでファーム富田ラベンダー園が全国に紹介され、それがきっかけとなり、その紫の可憐な色合いと香りが再び脚光を浴びるようになった。

また、富良野地方を舞台とした民放ドラマ「北の国から」が、昭和56年から全国放映され、全国的なラベンダー観光ブームが巻き起こり、ロケ地のラベンダーを訪ねて道内外の観光客が訪れるようになった。いまでは、町花として町民に親しまれ、7月には家庭の庭先でも甘い香りを漂わせている。

このラベンダーが縁となって、昭和63年にフラワー都市交流連絡協議会に参加することとなった。

 

2. 交流事業の経過・概要

フラワー都市交流連絡協議会は、昭和57年11月、富山県砺波市が次の様な「花の都市提携交流構想」への賛同及び参加を、山形県長井市、静岡県下田市、鹿児島県和泊町の3市町村に求めたことにより誕生した。

 

<花の都市提携交流構想>

1) 趣旨

人々の心を癒し、まちを明るくする要素をもつ花をテーマとして地域開発を創造し、花に関する諸行事を通じて住み良い豊かな地域づくりを目指す都市が連携し、相互啓発による各地域のイメージアップを図る。

2) 性格

個性ある地域社会づくりを目指す花の都市の交流による各々のイメージアップを図ることを直接の目的とするが、花や自然の大切さの啓蒙、花いっぱいの地域づくりの推進及び花のモデル都市としての知名度アップを目標とする。

3) 参加都市

全国的に花の郷土を提供しうる自然、地理的条件及び催し物を具備し、花をテーマとした個性あるまちづくりを推進する熱意と長期的展望を持った都市。

4) 事業

情報・シンボル花の交換、物産・文化の交流、住民・観光客の相互交流、共同PR事業。

 

昭和58年4月、砺波市においてフラワー都市交流連絡協議会設立会議を開催し、4都市によりスタートした。事業として、東京・大阪を中心とした共同PR展、各都市持ち回りの総会、シンボル花の交換、共同パンフレット・ポスターの作成等を行っている。

中富良野町は、昭和68年4月からフラワー都市交流連絡協議会に加入し、総会・芸能交流会等の事業に参加している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から