日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


年間の日照時間が少ないために、稲作や畑作に適さないため、酪農が町の基幹産業であり、また、ブナ自生の北限地であるため、昭和61年頃から「ブナ北限の里づくり構想」を作り、また、町の総合計画のシンボルテーマを「自然にやさしく人にやすらぎの田舎(まち)、ブナ北限の里づくり」と定めた。

天然記念物であるブナ原生林を中心とする恵まれた自然環境や農村風景などを潜在的資源と位置づけ、自然との交流から地域の活性化を促進する体験型・滞在型の地域づくりを目指し、神戸市で木工業を営んでいた西馬昇一郎さんを「北の交流大使」として受け入れ、木工教室の講師として地域住民と交流を続けている。

ブナをテーマにした、様々な活動や情報発信の拠点となる「ブナセンター」で、毎週木曜日に行われているが、参加者は西馬さんの指導を受けながら、イスや棚など自分の作りたいものを自分のベースで作っている。

 

235-1.gif

ブナセンターで開かれている木工教室

 

3. 交流事業の効果

北の交流大使(木工創作活動家)と地域住民との交流の中から、新たな地域文化の創造が図られ、地域住民や都市住民にとっても魅力ある地域づくりを推進することができ、地域活性化につながる。

現在、黒松内町の交流人口は、年間8万7千人ほどであるが、ブナをテーマにした「知的観光」という位置づけで交流人口を増やし、将来は10万人まで増やしたいと考えている。

 

235-2.gif

自分の作りたいものを自分のペースで作る

 

4. 交流事業の問題点と今後の展望

黒松内町においては、今後も木工教室を通して地域住民と交流を続けるなど、魅力ある町づくりを推進し地域活性化が図られる。

平成10年度に始まったばかりの事業であり、行政として支出できる経費区分や職業安定法との兼ね合いなどの問題もあるが、今後の展開を注目するところである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
14,317

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から