日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


 

第4章 まとめ

 

1. 四全総及び新・全総(21世紀の国土のグランドデザイン)における交流の位置付け第4次全国総合開発計画(昭和62年6月 閣議決定「四全総」)は、開発方式に「交流ネットワーク構想」をとったが、その推進については、

1) 地域自らの創意と工夫を基軸として、地域の特性を生かしつつ、多様な方向で独自性を有する地域を形成する。(個性的地域整備)

2) 国自らあるいは国の先導的な指針に基づき、国内、国際間の人流、物流、情報流の円滑化のための基幹的な交通、情報・通信体系を整備し、全国一日交通圏、ランダムアクセス情報圏の構築を進める。(交流基盤整備)

3) 国、地方、民間諸団体の連携により、交流を促進する役割を果たすソフト面の施策を工夫し、文化、スポーツ、産業、経済等各般にわたる多様な交流の機会を形成する。そのための組織づくりを進めるとともに、地域の産業や交流事業に関するデータベースの充実とコンサルティング機能の向上を図り、情報や企画力の供給機能を充実する。(交流ソフトの開発、しかけづくり)

の3つにとりくむべきものとした。

人と人とのつきあいを深めていくためにも、何らかの魅力を相手に感じ、語り合う機会がつくられ、その道筋ができていることが必要である。人と人とのつきあいも地域と地域の交流も結局のところ、最も基本となるのは「個性形成」である。そして、この「個性」は、真似したもの、うわべだけのものでは通用しない。四全総とほとんど同時に成立施行された「総合保養地域整備法(リゾート法)」(昭和62年6月)に基づくリゾート建設が多くの地域で事実上失敗したことが、そのことを物語っている。リゾート法の本来の考え方はそうでなかったかもしれないし、バブルの影響も大きかったが、結果的には、金太郎飴と評されるような内容のものが多く、自然破壊を伴う割りには、地域資源の活用も不十分だという不評が強かった。

地域の住民が、「自分の町(村)はいい村だ。こんなよい点がある。」と誇れるような地域個性形成が、交流においても出発点であり、それは、四金総から平成10年3月閣議決定の「新しい全国総合開発計画」に移行した現在においても変わるところはない。

「新しい全国総合開発計画:21世紀の国土のグランドデザイン」(新・全総)は、経済的豊かさとともに精神的豊かさを重視し、多軸型国土構造への転換を訴えるとともに、四全総の「交流ネットワーク構想」にかわるものとして、「参加と連携」を打ち出している。この「参加と連携」は、住民、ボランティア、民間企業等多様な主体の参加を「交流ネットワーク構想」の実現のために呼びかけたものでもあり、交流の重要性や個性的地域整備等の必要性は、少しもかわるところはない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
14,253

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から