日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


柴田委員長 小田切さん。

小田切委員 ちょっと思いつくままに話をしてみたいと思うんですが、今回、各先生方のお話を聞いてると、これは非常にいい交流だという話も幾つかあったんですが、全体的に聞いてみると、もうやめようか、どうしようか迷っているとか、そんなふうな交流もあったりしたような気がいたします。特に私が行ったところは、それぞれ10年以上たってるところばかりなんですが、そういう意味では、交流もいわばソフトな事業ですから10年もやってくると、金属疲労ではないですけれども、大分やり方とか中身も10年前とは状況が違ってきていますので、1つの転換期に入るんだろうという気がしています。それは決して悪いことではなくて、今の状況に合わせて、どう変えていくのかというところから見ていけばいいんだろうと思いますので、いつまでも同じような交流を長く続けるということも大事だけれども、当初の目的に沿わなくなってきたら、もうそれは思い切って違う形に変えるとか、そういうことも必要なんだろうと思います。

それから、先ほど青野先生が、ここにしかないものを使った交流がうまくいくんじゃないかというような話がありましたが、私は逆に、どこでもできる交流というか、そういうものもあるんだろうなという気がいたします。先ほど、過疎は資源大国でということで、いろんなネタが過疎地域にはあるんじゃないかという話をしましたけれども、北海道の下川なんていうのは、たまたまそのときに職員が中国に行って万里の長城を見てきたとか、たまたま農地開発で石があったとか、そんなことがきっかけになってしまったわけですね。ですので、ネタは無数にあって、それをどう組み合わせるかという、いわばそこも非常にソフト的な対応なんだろうと思います。

結局、交流というと自分の町と相手ということで、どうしても外に目が向くということになると思うんですが、そういう話もあるんだけれども、結局、何のために交流をやるかというと、これは自分の地域の見直しというのが、やはりベースなんだろうなというふうな気がいたします。自分の地域に対して誇りを持つとか、あるいは外の人たちと接することで自分たちの考え方の見直しをしたり、あるいはすばらしさをもう一度再確認したりというか。交流というと、どうしても外とのつながりというところに目が行きがちなんだけれども、一番もともとにあるのは、自分たちの地域の見直しというのがベースにあって、そこからスタートなのかなというふうな印象を持ちました。以上です。

柴田委員長 最後のお話ですけれども、国際交流でも、やっぱりアイデンティティの確立というのが国際交流の究極の目的だと言われてるんですね。ほかの文化を知れば、それで自分のアイデンティティが高まっていくと、そういうふうに言われているわけですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
14,434

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から