日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


表1 東郷町、人口・就業人口等の推移

171-1.gif

 

就業人口もまた昭和60年以後大きく減少している。また、就業人口の日々の通勤移動はかなりの規模である。就業のために町外へ出る人口は東郷町常住の就業人口の36%、就業のために東郷町へ流入する人口は東郷町で就業する人口の25%を占める。この流出入先の大半が日向市である。流入就業人口の71%が日向市から、流出就業人口の72%が日向市へ、である。東郷町は就業人口の移動では378名の流出超過であるが、そのうちの日向市に対する流出超過は272名で72%を占める。東郷町の東部は日向市の通勤圏内に組み込まれている。

常住就業人口から見る限り、東郷町においては、表1に示されているように、農業に替って製造業およびサービス業のある程度の発展が見られる。しかし農業は、依然として、当町の主力産業であることには変わりがない。平成7年現在、全世帯の50.4%が農家で、全人口の60.5%が農家人口なのである。農業は、ブロイラー(平成7年38.6億円、農業粗生産額の66.1%)、米(4.6億円、8.0%)、みかん(3億円、5.1%)、肉用牛(2.3億円、4.1%)などの生産を基幹とし、施設野菜・花卉栽培も行なわれている。

製造業の事業所は平成7年末で17を数え、従業者数は435。ここ数年大きな変化はない。医療機器メーカーや木材加工企業の誘致によって雇用を創出しているが、厳しい経済情勢の下で、耳川流域木材加工団地32.9haへの誘致は進んでいない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
14,606

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から