日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


サービス業の中でも観光・リゾート産業のある程度の発展が見られる。観光客数は、表2に見るように、徐々に増加している。それは近年整備された牧水公園の諸施設の利用者の増加によるところが大きい。昭和42年にオープンした牧水記念館は貴重な資料を展示・所蔵しているが、駐車場のスペースが狭いことや、館じたいが古くなっていることもあって、入館者数が減少している。生家の移築や記念館の新築を含めた検討がなされて良い時期となっている。

 

表2 東郷町、観光客数等の推移

172-1.gif

 

2 「牧水のふるさとづくり」

 

東郷町は旅と酒の天才歌人若山牧水の生誕地である。牧水は、当地の2代にわたる開業医の長男として明治18年に生をうけ、地元の坪谷小学校を卒業後は当地を離れ、延岡中学から早稲田大学へと進んだ。大学在学中より創作活動に入り、数多くの歌を残して昭和3年、43歳で没した。

弘化2年(1845年)に牧水の祖父によって建てられた牧水の生家は、ほぼ生誕時のまま保存されており、昭和42年に県の文化財に指定されている。牧水関連の主な事項を年次順に表3に示した。昭和57年度から始まった、山村都市交流を目的とした諸施設を含む牧水公園の整備事業は、総事業費約15億円、16年の歳月をかけて平成9年度に一応の終結を見た。その間に、毎年9月17日に催される「牧水祭」の他に、生誕百年祭、牧水のうたの夕べ、牧水サミット・シンポジウム、生誕110周年牧水祭が開催され、牧水賞が制定され、牧水公園が各種の賞を受賞した。

牧水公園は「牧水のふるさとづくり」を象徴する公園で、表4に示すような多岐にわたる諸施設が整えられている。ここが種々の交流事業の会場となっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から