日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


(7) 財政

平成7年度一般会計決算の歳入総額は53億6,005万円。主な構成比は、町税12.4%、地方交付税45.5%、県支出金13.8%、国庫補助金5.6%。

 

153-1.jpg

男池

 

2 交流推進策

 

町の交流推進策としては、次の諸点が挙げられている(交流に関する調査研究報告書より)。

1) 町の資源を再点検し、地域の自慢できる資源として冊子にまとめたり、町の紹介ビデオを作成し、町の情報発信を行いながら交流事業に役立てる。

2) 伝統郷土芸能の「庄内神楽」を体験できる講座を設けたり、町の地域イベントに参加していただき、農村の暮らしと文化を体験してもらう。

3) 自然資源を活用し、自然体験教室を開催する。例えば、豊富な水や森林資源等をキーワードに都市住民との交流を図る。

4) 町の農村資源を活用し、時節に応じた農業体験をしてもらう。農作業体験とともに農産特産品を利用した「食」文化の交流などを通し、ふれあいに満ちた交流事業を展開する。

5) 地域を語れる「もてなしの心」をもった交流ボランティアを育成し、交流事業の指導者として都市住民とのふれあいを深めていく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
771位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
14,253

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から