日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


3 ファーブルの森づくり

 

谷間の林間地の約2反の湿田跡を見おろす道端に、「ファーブルの森アルマス」の看板が立っている。ここがファーブルの森づくりの第一歩が印されたところである。ここを中心に面積が増え、やがては木々も生い茂って昆虫の楽園となるのだろうか。道は遠いが、その方向性には確かなものがあるように思える。この地を中心とした人びとの交流が始まっている。

 

(1) 契機と組織の結成

平成3年6月に、「ふるさと創生事業資金」を活用して村づくりの人材養成の一環として4名の青年をフランスへ研修派遣し、「ファーブル昆虫記」のゆかりの地セリニャン村を訪ねてきたことがきっかけとなり、彼らの帰国後に「虫めがねの会」が結成された。なお、セリニャン村へは、10年前ほど前のNHKテレビでファーブルを特集したコーディネーターに依頼して訪問したいきさつがある。

建設が予定されている嘉瀬川ダムを中心に、ゴルフ場の乱開発などから町内の豊かな自然を守っていこうという気持が、ファーブルとむらおこしを結びつける背景となった。

平成3年11月には、セリニャン村から村長とファーブル博物館長を富士町に招き、翌4年3月には同村より4人の来訪者を受け入れるなど、交流が進展した。同年11月には、「むしめがねの会」を核として「ファーブル友の会」が結成された。この会は、日本で唯一の「ファーブル友の会」で、世界規模の「ファーブル友の会」の日本支部とも言うべき組織である。

 

(2) 「ファーブル友の会」の規約

「ファーブル友の会」は24条からなる「規約」を持っている。それによると、会の目的および活動は次の通りである(規約第3条)。

 

1. ジャン・アンリ・ファーブル及び昆虫等に関する研究活動

2. ファーブルの森づくりに関すること

3. 自然の好きな子供たちの作品展・昆虫教室・自然観察会等の行事を行い健全なナチュラリストを育てること

4. 公的機関等に地球環境保護に関する働きかけを行うこと

5. フランスファーブル友の会との交流活動に関すること

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から