日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


2-3. 問題点・課題

イベントに参加した人たちからは、遊ぶ場所や遊べるものを増やして欲しい等の要望が出されている。これを受けて、先の遊具やラベンダーガーデンの整備を進めてきている。

また、ほのほの市で何を出品するかは、出店者に一任しており、調整は行っていないため、販売数量や種類への苦情があっても対応が難しい面もある。

 

3. 交流事業の推進方策とそのあり方

 

吾北村における交流事業は、イベント系の交流事業である。この事業の抱える問題点として、次の点を上げることができる。

一つは、イベント系の交流事業そのものの問題点である。イベントは、通常その実施期間が短いため、そのために施設等の整備を進めても、それだけの利用では過剰投資になりがちになる点がある。吾北村の場合も、まつりは11月の第2日曜だけであり、まつりのためだけに施設整備を進めるのでは、どうしても非効率的になってしまう。実際にはまつり以外にも村のイベントや高知市内からの幼稚園や小学校などの遠足先として利用されているが、利用の頻度を高めることは、常に意識していかなければならない。

二つ目は、吾北村における問題点である。吾北村内において、程野地区は交流を進める上では、比較的優位な資源状況にあるといえる。自然資源である程野の滝を始め、「グリーンパークほどの」などの整備を進めてきているからである。

程野地区の開発については、平成7年度から各団体の代表などからなる17名の「グリーンパークほどの開発計画研究会」を設け、検討を進めた結果、次のような一定の答申が出されている。

1. (滝を見られる)吊り橋(歩道橋)の架設とアクセス遊歩道の整備を図る

2. お祭り広場駐車場周辺に全国からオーナーを募る「広葉樹の森づくり」に取り組む

3. 風力発電の可能性について調査し取り組む

4. ソフト事業・付帯的な施設の充実を中長期的に計画する

5. それぞれの事業については、後世に負担を残さないように努力する

このように、村として程野地区の開発を活性化の起爆剤としたい意気込みは見られるが、あいにく幹線ルート(国道194号線)から外れており、20〜30分程度脇道を入らないと現地に到着できないこと、経野地区内でも活用できる資源が散在しており、それぞれのアクセスが不便なことなど、が問題点として指摘できる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から