日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


邑智郡の場合、先述したように浜田自動車道の開通が大きい。これにより田舎と都会の距離が縮められ、農村体験の時間が持てるようになった。

アメリカやイギリスでは、近時都市人口に比して農村人口の増大が見られるといい、わが国でも農村人口の減少の下げどまり、所によっては微増するところもあらわれて来た(宮崎猛編『グリーンツーリズムと日本の農村』1997)。しかしこれらは農村といっても都市近郊のそれに限られており、中山間地域の過疎町村に及ぶものではなかろう。中山間地域がグリーン・ツーリズムを成功させるには、坐して来訪者を待つのではなく、それに必要な装置-情報の提供や受け皿の形成-が必要である。邑智郡の7町村が共同で広島市内に設けたアンテナショップもその一つである。

 

(II) アンテナショップ構想

 

1 アンテナショップの開設

アンテナショップとは読んで字の如く、都市に設けたオフィスを拠点に、農村の情報を発信して都市住民に知らせる一方、都市の情報をいち早くキャッチして農村へ伝え、それに対処するための装置のことである。邑智郡の場合、広島市民をターゲットとするところから広島市中(橋本町)に平成8年(1996)7月に開設した。ふるさと産品の見本を置き、訪れた客の注文を受けJAや生産者への取次ぎをすることはあるが、直接物販はしていない。最初は物販を期待する客の応接にとまどったが、最近は

 

109-1.jpg

ふるさとクラフトショウ・しめ縄づくり(昭和8年10月)*

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から