日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


5 これまでの共同事業の概要

 

(1) 平成6年度

・地域住民と行政が構成市町村をまわり、地域の問題を語り合う「地域フォーラム」を4回開催と圏域の将来構想、基礎調査の報告書を学術機関と作成

・UIターン促進のため、大阪で圏域企業の合同就職説明会(エメラルド・セミナー)を開催

・圏域施設の共同利用カード(エメラルド・カード)、圏域観光マップの作成と全戸配付

・エメラルド・フォトコンテスト'94の実施

・先行地事例調査と県境サミット通信(エメラルド・ニュース)の発行

 

(2) 平成7年度

・地域フォーラムを年間3回開催と広域行政シンポジュームを平成8年2月に開催

・5夜連続の県境をまわるジャズコンサートを実施

・東京池袋での圏域企業と行政のU・Iターンフェアへの参加と就職情報誌への圏域情報掲載、圏域企業275社の雇用・人材調査実施

・鳥取県との共催で日韓の過疎問題や広域行政を考える「日韓辺境サミット」を開催、県境サミットで韓国に訪問団派遣

・圏域ネットワークのためパソコン通信開局

・圏域外住民等の県境サミットファンクラブ「エメラルド倶楽部」会員募集

・圏域交流を促進するため各種スポーツ文化交流大会の年間主催後援等

・フォトコンテストと県境サミット通信の発行の継続

・圏域民間営施設の優待パスポートの発行

 

(3) 平成8年度

・今年度から歴史を経て今日まで伝承された民俗芸能の大会や共同コーラスコンサートや演劇などの開催

・平成8年7月、中国5県知事会より「中山間地域モデル基地事業」の地域指定を受け、実施計画を策定し、平成9年度から順次事業を展開

・ 9年度には図書館等の広域的貸出返却サービスをスタートさせる予定

 

(4) 平成9年度

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から