日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


このうち(1) の基礎調査は広島県立大学岩谷三四郎教授らによって行われ、その成果は平成7年3月、「エメラルドシティプロジェクト報告書-広域行政のニューウェーブを目指して-」(課題と基本方向、現況、構想および資料から成る)として提出され、その後における議論の指針とされている。また構成市町村をまわり、行政が地域住民と地域の問題を語り合う「地域のフォーラム」は平成6年8月を皮切りに、「どうなる中山間地の農林業」「人が集まり、定住する町おこしの可能性」「森の水源のまちからのアピール」「人に優しい地域づくり、高齢化社会への提言」など中山間過疎地の問題を論議することを通じて、サミットの意義の共通理解を深めている。別表(表1)として掲示したのが県境サミットの理念や方針であるが、基本的な立場がよく分る。

平成6年9月に第1号が出され、毎月発行されている「県境サミット通信、エメラルドNEWS」の果して来た役割も大きいだろう。間もなく50号を迎えようとしている。

「県境サミット通信」とは別の意味でユニークなのが前掲(4) の「圏域マップ、施設共同カード」の作成であろう。平成7年1月以来、毎年発行されているが、これを「エメラルド・パスポート」と称し、パスポートサイズの、手に取って楽しい圏域内観光案内書(観・遊・食・泊など)に編集されている。県境をこえて利用されるのでパスポートとはうまくいったものだが、このパスポートだけでなく県境サミット事業全体をエメラルド・プロジェクトと称するのも関係者の知恵を示している。

私たちは日南町役場で、当初からこの事業に携って来た増原聰氏の説明をうけたのだが、県境サミットの理念として、構成市町村はパートナーであってライバル、ライバルであってパートナーでありたい。

 

078-1.jpg

ここでは年々厚く大きくなるエメラルド・パスポー卜

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
14,606

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から