日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


しかし、グリーンツーリズムの観点から言えば、かえってその観光的な平凡さこそが有効というプラス志向で考えることも出来る。「農の大地に生きる会」の実践で経験を持つ同村は、優れた自然環境と相まって、グリーンツーリズムの適地として大きい可能性を持っているだろう。

(3) 要は、交流の主役となる地域住民が、同村にとって交流とは何なのかの理念をしっかりと持って実践を活発にすることである。行政は、住民に対して、そのための情報発信を的確に十分に、自信をもって行うことが大切である。流れを絶やさないことだ。

その場合、行政の指導性を“行政主導”とは考えずに“行政の英知”ととらえて、自信をもって住民に情報を発信し、パートナーシップ関係を高めるべきだと思う。当面の“おんぶ”の是非より、長い目でみたパートナーシップの成熟を重視したい。

(4) 何か飛躍のきっかけになるもの、交流の決め手になるものがほしい。飯舘年の町という特色を有効に生かせないものか。例えば、「牛肉フェスティバル」が好評のようだが、これと何らかのエンターテイメント(例えば、若者のバンド、児童鼓笛隊など)をドッキングさせて、イベント性を高めるのも、一つのアイデアだろう。

また、村では各集落の神楽、田植え歌などの伝統芸能の復活に力を入れているので、この活用も工夫したい。和の神楽と洋のジャズをドッキングさせる奇抜なアイデアで人気を呼んでいる町もある。

(5) 交流のターゲットを遠くから近く(県内近隣都市)へ移したのは、賢明な選択だと思われる。福島市内の住宅団地での「農市」開催はよかった。品質のよい「いいたてブランド」を売り込みたい。

東京は遠いし、大都市は標的として大きすぎてとらえどころがない。近くの都市を特定した交流の方が成果が上がりやすいだろう。ただ、過疎の山村と大都市との交流は、文化的に大きくへだたった“異文化”同士という点で大きい魅力がある。交流の妙味である。困難ではあるが、工夫をこらして、挑戦を続けてほしいと思う。

 

(参考文献)

飯舘村勢要覧「田園の詩人」。

飯舘村勢要覧・資料編。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
772位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
14,606

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から