日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

過疎地域活性化のための交流施策のあり方に関する調査研究

 事業名 過疎地域振興対策
 団体名 過疎地域問題調査会 注目度注目度5


1 常葉町の概況

(1) 位置、自然

常葉町は、福島県の中東部、阿武隈山地の南部に位置する。(図1)起伏の多い山間地帯である。標高430m。総面積84.41km2。東南方の阿武隈山系最高峰の大滝根山(1,191m)をはじめ周囲を山々に囲まれ、総面積の67%を山林野が占め、耕地は16%と少ない。

気候は内陸的で、年間平均気温は10.9℃と低い。山岳気象の影響を受け、霜冷害を受けやすい。河川は、大滝根山を水源とする大滝根川と、檜山(992m)、鎌倉岳(967m)を水源とする檜山川が市街地の入り口で合流し、大滝根川として東西に流れている。

 

図1 常葉町の位置図

023-1.gif

 

(2) 沿革

昔、常葉町は三春藩に属し、相馬街道の中間にあって宿場町として栄え、藩政時代から馬産の地であった。常葉一帯で育った馬は三春駒の名で広く知られた。

常葉町の先住民は、各所から出土する縄文土器や、さらに以前の石器の発掘などから、約8千年前から居住していたと推定される。発達した集落の形成は、古代延暦年間に坂上田村麿によって創建されたと伝えられる延喜式内子松神社の鎮座によって明らかとされている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
774位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
14,079

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.「過疎地域振興対策」の報告書
2.EPIC連続セミナー開催案内チラシ(埼玉会場)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から