日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム資料

 事業名 補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発
 団体名 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 注目度注目度5


が、経時的に段階を踏んで行われるとするもので「段階理論」と言われるが、対象喪失や喪失体験という捉え方からすると、一連の精神心理的作業は「喪の仕事」と呼ばれる。

こうした過程を経て障害受容が進んでゆくと考えると、現在どの段階に居るかということから、障害者の心理を把握しやすくなるし、喪の仕事が円滑に進まず、精神的変調、問題行動などが生じる場合も含めたメンタルケアもしやすくなってくると思われる。

しかし、すべてのケースがこの理論通りにあてはまるわけではなく、要は、自己の障害をどのように受けとめ、リハビリテーションや社会復帰への意欲がどのように変化したか、ということが重要だとする考え方もある。

いずれにしても、例えば、中途失聴者が発生した場合に、喪の仕事そのものは病的なものではなく、いわば喪失に伴う負のエネルギーを十分に出して、適切に段階を踏み終えて障害を受容し、新たな適応的生活を促すことが必要だとされている。

ただ見守るだけでよい場合もあると思われるが、喪の仕事が円滑に進まないことも少なくないので、こうした問題の処理や解決が、聴覚障害者とその周辺の人のたちにのみ委ねられている本邦の現状は、おおいに憂慮されるべきだと思われる。

 

3)価値変換と障害受容

障害受容は身体、心理、社会の三つの側面から複合的に捉える必要があるとされており、障害受容が障害者個人によってのみなされるものではなく、社会的側面が重要な要因となってくる。

この観点を踏まえた上で、障害を受容し適応を実現していく過程において、障害者自身の思考や行動面で何をどのように変化させ処理してゆくか、ということを考える必要がある。それは、健常時ないし健常者の価値観のままでは、障害者の自我は維持してゆけないからである。

そこで、四つの価値変換を行う必要があるとされ(価値変換理論)、例えば、失った聴覚という価値は本質的なものではなく、各種の補聴機器や手段を活用することによって、本来の生活が十分遂行できるし(価値範囲の拡張)、聴覚という身体的機能よりも人格などの内面性が重視されるべきだと考えるようにする(身体的価値の従属)ことである。

また、他者との比較による価値基準(所有価値)ではなく、自己に内在する絶対的な価値(資産的価値)を重視する、つまり、自分の長所を重くみたり(所有価値より資産的価値の重視)、聴覚が一部ないし大部分欠落したからといって、それが1個人全体の評価下落や人格の障害をもたらすものではないことに留意すべきである(障害に起因する様々な波及効果の抑制)。つまり、聴覚機能の差によりもたらされる心理的影響(劣等感を抱くことなど)が、自身の精神内界の他の分野に波及して、自己評価を低めたり、自信を喪失したりしないように配慮する必要があるということである。

難聴者や中途失聴者の多くは、圧倒的多数の健聴者の中で生活しているので、社会生活の中では健聴者と同様の価値観なり努力目標を抱きやすい。言い方を換えると、役割モデルとなったり、共にリハビリテーションを考え話し合える同障者が周囲に居ないことが多く、既述した価値変換をしにくい状況があるということになるので、このあたりに難聴者や中途失聴者へのメンタルケアやサポートを工夫するポイントのひとつがあるように思われる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
129位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
109,169

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」シンポジウム開催案内
2.「補聴援助システムとリハビリテーション」シンポジウム報告書
3.「補聴援助システムとリハビリテーションの普及啓発」の報告書
4.中国残留孤児の生活状況調査
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から