日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


取付けに当たっての一般的な注意事項を次に示す。

(a) 輻射部は、傷付きやすい素材が使用されているので、表面を傷つけないように注意する。(傷を付けると水が浸透する場合があるので、注意を要する。)

(b) 空中線の点検、保守のときの安全のために、ペデスタルに回転停止スイッチを設けてある場合がある。この場合はプラットホームへの入口近くにこのスイッチがくるようにペデスタルを配置する。

最近の空中線ペデスタルには船首輝線生成用のマイクロスイッチが組み込まれていることは少なく、船首方位の調整は表示器側でできるので、ペデスタルの取付方向の制限は少ない。

(c) 駆動モーターの軸が水平なときは、これが船の中心線と平行になるように装備するほうが寿命の面からも好ましい。

(2) 空中線部の端末処理、接地及び防食

空中線部の端末処理、接地及び防食方法の一例を<図 5-7-2>によって次に説明する。

(a) ケーブルの端末処理を確実に行う。筐体内のケーブルは栓口近くでクランプし、不必要にケーブルを余らさないこと。

余分なケーブルがあると長期にわたる振動で、ケーブルが疲労し、硬化して断線したり、絶縁層に亀裂を生じ、漏電の原因になったりする。

(b) 専用工具を用い5]のグランドを確実に締め付ける。

このグランドの締付けは、2]の銅線シールド(外側)の筐体への接地接続を確実にするためにも、確実を期すこと。

(c) 内側シールド線を筐体に確実に接地する。

(d) 接地板を接地ボルトに接続後、電食防止のため、シリコンRTVゴムなどを塗布する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
267,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から