日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6.3 船内電話装置

船内の各部屋間、船橋と機関室や主要室間との連絡用として、あるいは中継装置を通して船外との連絡用として船内電話装置がある。船内電話装置の種類としては、無電池式電話機、共電式電話機及び自動式電話機の3種があり、船種、船型、あるいは用途に応じて使い分けられる。

 

6.3.1 無電池式電話機

無電池式電話機は電源を必要としないので、この名称で呼ばれる。送話機と受話機は同じもので、強力な磁石と振動板が付いた誘導線輪を備えており、音声エネルギを電気信号に、又は電気信号を音声に変換させている。送受話器はフックスイッチを通して2線式ケーブルで直列に接続されている。この装置には、通話回路のほかに呼出回路もあり、付属の強力な手回し発電機で約 70 Vの電圧を発生させ、相手側のベルを鳴らし、付属のランプを点滅させ、呼び出すことができる。

船橋と機関制御室の間に非常用として設置されることが最も多い。

 

6.3.2 共電式電話機

共電式電話機は、送話機、受話機とも共通の電源で作動するので、この名称で呼ばれ、通常、電源(24V蓄電池)は交換機側に設置される。通話相手はロータリスイッチで選択し、プッシュボタンで呼出ベルを鳴らし、通話を行う。呼出回線が多くなると、電話回線は複雑になるので、一般には6回線が多く、船橋と機関制御室など船内の主要な場所に設置されることが多い。

 

6.3.3 自動式電話機

自動式電話機は、現在最も多く使用されている電話で、自動交換機に接続して系統を構成し、ダイヤル方式によって呼び出し、通話するものである。自動交換機にはリレー式と電子式があるが、最近は電子交換機が多くなっている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
265,836

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から