日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


135-1.gif

<図 5.2.2>ひまわり受信装置の構成

 

5.3 海洋気象観測衛星「ノア」受信装置

海洋気象観測衛星「ノア」は、運営する米国商務省の海洋大気庁(NOAA:National Oceanic and Atomospheric Administration)に由来し、米国航空宇宙局(NASA:National Aeronautics and Space Administration)により打ち上げられ、気象観測衛星と同様にWMOが計画した全世界の常時気象観測体制の一環として高度約 850km の上空を102分で両極付近を通って(軌道傾斜角:98.7度)地球を周回する「極軌道衛星」で、改良型高分解能放射計(AVHRR)より可視画像2チャンネル、赤外画像3チャンネルで地球上の温度を観測し、即時に地球へ東西3,000km、進行方向(南北方向)3,200kmの範囲に自動送画装置で送信し、その信号は地球上のどの地点でも受信できる。受信時間は約10分前後で一定ではなく、受信時刻も少しずつ変わる。

「ノア」の分解能は、距離約4km、温度 0.43℃で、温度については、256 階調である。この細かい温度分解能は、特に海面の温度分布の観測に威力を発揮し、潮目や暖流の流れを受信画像で明瞭に識別することができる。

このほかに高解像度画像(HRPT)データ(地上分解能 1.1 km、温度分解能 0.1℃)も送信している。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
265,701

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から