日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電子機器装備工事ハンドブック

 事業名 船舶の電気装備技術の向上
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


[装備場所に係る関連規定]

送受波器は、できる限り、船体、プロペラ等により生じる水流の影響を受けない位置に設置されていること。(船舶設備規程第146条の24第1号)

 

3.7 船速距離計(電磁式)

船速距離計は、船の速力あるいは航程を測る機械で、総称してログ(Log)といわれ、えい航ログと船底ログに分けられるが、現在、ほとんど船底ログが用いられている。船底ログには、電磁式、音響式、回転翼式及び圧力式がある。回転翼式はヨットなどプレジャーボートに使用され、圧力式はほとんど使われていない。

電磁式ログは、「導体と磁界が相対的に運動するとき、導体に起電力が誘起され、この時、磁界、運動及び起電力の方向は互いに直角の関係があり、磁界が一定であると起電力の大きさは運動の速度に比例する」という、ファラデーの電磁誘導の法則を応用したものである。

電磁式ログの場合は、静止海水に対して、船体とともに磁界が運動して起電力が発生する。測定桿の先瑞のセンサは内部にコイルを有し、このコイルが励磁されて磁界ができる。船が航走することにより誘起される起電力は、センサの先端に設けられた1対(2個)の電極により検出される。(<図 3.7.1>参照)

なお、電磁式ログを音響式ログと比較すると、次の特徴がある。

(1) 追随が良いので、微速から高速まで連続計測ができる。

 

079-1.gif

<図 3.7.1>フラット形センサ構造図

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
265,701

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.「船舶の電気装備技術の向上」の報告書
2.第231研究部会「中型肥形船の総合的運航性能の研究」成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から