日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


第5章 調査研究の総括

 従来、文書処理端末としてワープロを導入する事例が多く見られたが、昨今のダウンサイジング等からパソコンの導入が進んでいる。これに伴い、別々の端末で行っていた業務処理と文書処理を同一の端末で処理することが可能になっている。
 また、ハードウェアやソフトウェアの標準化の進展から、従来、業務ごとに構築されていた別々の情報システムの連携が可能になり、一つの端末において複数の業務処理を行うことも可能になってきている。このような背景から地方公共団体においても、パソコンを端末としたコンピュータ・ネットワークの構築が進んでいる。先進的な地方公共団体においては職員1人に1台のパソコンが配布されている団体もあり、グループウェア等を活用した情報共有化やインターネット等の外部のネットワークの接続も行われている。地方公共団体におけるEUCやネットワーク化は、今後も大きな潮流であると考えられる。
 しかし、EUC進展による職員個々への端末配布は、ユーザーの情報リテラシーの差異や端末の障害等から端末数に応じたユーザー・サポート業務の増大を招いている。加えて、各端末のネットワーク化やインターネット等の外部ネットワークとの接続に伴い、システム管理業務も複雑化している。つまり、EUCやネットワーク化は、ユーザーや地方公共団体全体に様々な効果をもたらす反面、必然的に情報システムの運用管理業務の増大をもたらすのである。
 したがって、地方公共団体では、EUCやネットワーク化を進める一方で、情報システムの運用管理の効率化に取り組むことが不可欠であり、そのためには、PLAN・DO・SEE(計画・実行・評価)からなる情報化のマネジメントサイクル及び事後評価から事前評価、そして次の事後評価に流れる評価サイクルを構築し、運用管理の効率化へ継続的に取り組むことが不可欠である。


図5−1 情報化のマネジメントサイクル(含む評価サイクル)

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から