日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


3−2 地方公共団体におけるアウトソーシングの今後の方向性

 一概には言えないもののアウトソーシングには有効性がうかがえ、地方公共団体においてもその可能性を検討することが望まれる。以下に事例や文献を基に地方公共団体における情報システムのアウトソーシングの今後の方向性を示す。

(1) 本業(コア・コンピタンス)の捉え方

昨今におけるアウトソーシングに関する意識の高まりは、本業(コア・コンピタンス)の議論と密接に結びついている。「コア・コンピタンス」とは文字どおり、「中核をなす能力」であり、事業を多角化しすぎた企業の本業回帰志向から近年注目を集めている言葉であり、コア・コンピタンス以外はアウトソーシングの可能性があると言える。地方公共団体においても情報システムのアウトソーシングを検討する上で、コア・コンピタンスが何であるかを明確にすることが非常に重要である。
 コア・コンピタンスは企業においては「顧客に対して、他社のまねできない自社ならではの価値を提供する、企業の中核的な力」(Hamel&Pr-ahalad,1994年)とされているが、地方公共団体においては「公共福祉的な観点から民間企業ではなく地方公共団体が行うべき業務」と捉えることができる。
 一般的に情報システムに関わる業務は、業務自体を捉えると地方公共団体のコア・コンピタンスだとは言い難い。しかし、昨今の高度情報化の進展に伴い、地方公共団体における情報化のニーズは高まっていることから、地域における情報化施策(含む情報システム)を企画する能力は地方公共団体においてコア・コンピタンスとなっていると考えられる。一方、企画に基づく、情報システムの設計、構築、運用管理等の業務は、必ずしも地方公共団体が行う必要はなく、コア・コンピタンスとは言い難い。つまり、アウトソーシングの対象となり得る。
 実際には、設計、構築、運用管理のすべてアウトソーシングした場合、コア・コンピタンスである企画の能力低下が見られたり、コア・コンピタンスとなる業務に支障が出ることから、構築、運用管理等の業務を内部化している地方公共団体も少なくない。また、一方でコンサルタント等を活用して企画の能力を補完している地方公共団体もある。
 アウトソーシングに取り組むに当たって、地方公共団体では、まず、情報システムに関わる業務においてコア・コンピタンスがどの部分にあるのか再考することが望まれる。この場合、社会的な潮流や、組織の現状等を十分考慮する必要がある。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から