日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


3−2 地方公共団体におけるシン・クライアントの活用分野

 シン・クライアントは、サーバによる管理が強化されており、トラブルの減少、安定性の向上が図られる反面ユーザー側の自由な利用は制限される。したがって、図3-1に示したように、非定形的な業務や、高い情報リテラシーを有するいわゆるパワーユーザーには物足りないところがある。このような特性から地方公共団体においては以下のような活用分野が想定される。なお、これらの想定分野は一般的な評価によるものであり、各地方公共団体の状況において活用の有効性は異なる。

(1) 窓口端末等の業務端末

 住民票の写し、税等に関わる窓口業務に利用する端末で、利用するアプリケーションがある程度限られているような場合、シン・クライアントの利用が想定できる。これらの業務では住民の個人情報を取り扱うので、セキュリティの高さの面からもシン・クライアントの活用は有効であろう。
 このほか、財務会計等に利用アプリケーションが限定され、かつ、ネットワーク利用が必要な情報システムの端末としてもシン・クライアントの有効利用が想定される。

(2) 図書館、博物館等の情報提供端末

 神奈川大学の例からもうかがえるように、不特定多数の利用者が想定される情報提供端末としてシン・クライアントの活用は有効である。ハードディスク・ドライブを持たない、NCやWBTでは、リセットするだけで状態の初期化が可能であり、利用者のイタズラ等によるトラブルも最小限に抑えることが可能である。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から