日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


(1) NetPC

 NetPCはZAKと併用することを前提に運用管理の効率化に寄与するとマイクロソフトではしている。しかしながら、ZAKはNetPC以外の普通のパソコンにおいても利用が可能であり、普通のパソコンと比較したNetPCのメリットは、CD-ROM・ドライブやフロッピディスク・ドライブがないこと、ケースが容易に開けられないこと等に限られてしまう。コスト的なメリットに関しても、実際には生産数が少ないことからかえってコスト高になっている場合もあり、「NetPCを導入しようと考えたが、普通のパソコンの方が安いのでそちらを導入した」という地方公共団体も見られる。
 このようなことから、現状ではパソコンをNetPCに置き換えることにより大きな効果は期待できないと考えられる。CD-ROM・ドライブやフロッピディスク・ドライブがないことから余計なソフトのインストールやデータの持ち出し等を防止できる点、既存のパソコンと完全互換である点等を考慮すると、高いセキュリティが望まれる業務システムの端末の更新・追加への活用等は有効であろう。

(2) NC

 NCが普通のパソコンと大きく異なる点は、OSやアプリケーション・ソフトウェアを端末内に置いていないという点である。NCは起動時にこれらをサーバからNC内のメモリーに読み込む仕組みになっており、これらのOS等を個々の端末内に持つパソコンと比較して安定性が高いと言える。また、ハードディスクを持たないことから、不用意な電源オフやリセットによるデータ消失等の心配もなく、情報リテラシーの高くないユーザーが利用する場合に有効であると考えられる。
 ただし、限られたメモリーの中でOSとアプリケーションを起動するので、大きなアプリケーションや複数のアプリケーションを必要とする業務には不向きであろう。また、現状ではワープロ、表計算等の汎用的なアプリケーション・ソフトウェアの開発・普及があまり進んでおらず、既存のパソコンやNC同士に関しても互換性が十分に確保できているとは言い難い。
 このほか、パソコンの低価格化に伴いコスト面でのメリットはないと考えられるが、スペース的にはパソコンより省スペース化が実現されている。このようなことから、NCに関しては、利用するアプリケーションが限定され、ユーザーの情報リテラシーが一定でない、不特定多数の利用が想定される端末への活用が有効であると考えられる。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
416位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
27,674

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から