日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


(2) NC導入の理由

 システム構築のヒントとなった考え方は月刊net PC6月号(1996)P.116のNCの記事とP.80のイントラネットの記事や10月号(1996)「イントラネット構築入門」の記事である。NC利用の「Webトップコンピューティング」のシステムを指向することで上記七つのシステム要件を満たした図書館情報検索システムの構築が可能と判断したことが導入の理由になった。
 ?@から?Dまでの要件はパソコンベースのブラウザー導入することでも実現可能と考えた。しかしながら、?Eと?Fについては、パソコンベースのブラウザーでは実現不可能と判断、NC導入を考えた。
 NC導入作業はパソコンベースのクライアントと違い端末ごとのOSの導入やブラウザ(閲覧ソフト)の導入・設定は一切ない。NCサーバ1台を導入・設定するだけで、あとはNC端末の物理的な組立と設置だけである。操作性においても、パソコンベースクライアントとは違いブラウザの簡単な操作手順書によるガイダンスで十分情報検索が可能です。従来のパソコンではブラウザの操作が簡単でも一般にリテラシーと呼ばれるコンピュータ操作の常識を理解していないと満足につかえない。
 日常の運用管理も利用者が個別にダウンロードしたプラグインやアプリケーションの使用制限や後始末などがNCサーバから一括して管理されてる。NC端末の個別の環境設定はNCサーバに保存されているので、NC端末をリブートすれば、いっでも導入時の環境設定が反映される。いわゆるWindowsのような運用・保守クライアントの個別の運用・保守は不要である。

 「Windowsによる運用・保守の問題点を体験」
 1997年4月の00W(オラクルオープンワールド)まで日本語対応NCは試作機すら入手ができなかった。現場からはWindows95によるブラウザ方式で図書館内OPACのインターネット対応の強い要求があり、システム担当として導入には反対したが結局10台のWindows95によるブラウザーでOPACの試験運用開始、利用者の戸惑いやクライアントのトラブルやダウンが絶えなかった。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
416位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
27,670

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から