日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


第2節 シン・クライアントの活用事例

 シン・クライアントは出荷されて間もないことから活用事例もそれ程多くない。以下にシン・クライアントの活用事例として、神奈川大学図書館とトステム(株)の事例を整理する。神奈川大学図書館ではNCを先駆的に導入し既に運用管理面で効果を挙げており、また、トステム(株)では、1998年秋に出荷が開始されたばかりのWindows-based Terminalを実験的に導入している。

2−1 神奈川大学図書館

 神奈川大学図書館では先駆的にNCを導入しており、その活用事例を以下に示す。

(1) NC導入の経緯

 1990年に導入したIBMの汎用機を使った図書館システム・パッケージによる図書館蔵書検索の検索インターフェイスの改善、インターネットと図書館内の検索方式を統一することを目的としてシステム構築に着手することになった。

NC端末をWebブラウザーOPACとして導入以前の蔵書検索の問題点
  ?@ 2系統検索方式の統一インターネットからはTELNET方式、図書館構内では専用端末方式
  ?A 検索インターフェースの改善TELNET方式、専用端末方式ともに検索方法がわかりにくいこと
  ?B 館内OPACにインターネットの情報検索機能を追加することを目的館内の既存のOPACは専用端末方式のためインターネット接続機能がないこと


システム改善を達成するためのシステム要件について
  ?@ 検索インターフェイスそのものをわかりやすいものに改善する。
  ?A インターネットと図書館内の検索方式を統一する。
  ?B インターネットを含めたオープンな検索を実現する。
  ?C 図書館から蔵書検索以外の情報提供を可能にする。
  ?D 新たなサービスの追加に対してOPACの変更を限りなくにゼロすること。
  ?E 検索のために必要なコンピュータリテラシーを最小限にとどめること。
  ?F 図書館内のOPACは集中管理可能な方式を選択する。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から