日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


1−4 シン・クライアントの動向

 シン・クライアントで最も早く出荷が行われたのはNetPCであり、1997年の米国の「PC EXPO」で試作機が展示され、同年秋から出荷が始まった。これはNetPCの基本構造がパソコンと大きく変わらないためであり、また、NetPCの運用に必要なZAKが早くから提供されたのも要因であると考えられる。
 一方、規格が提唱されたのが最も早かったNCであるが、OS、アプリケーション等の製品開発の遅れから当初の予定していた時期より出荷が遅れている。神奈川大学等、1998年第一四半期にNCを導入した事例もあるが、NC全体として正式な出荷は1998年6月以降になっている。したがって、日経コンピュータが1998年4月末から5月にかけて実施したアンケート調査において、4〜5%の「NetPCやネットワーク・コンピュータの導入」が見られるが、そのほとんどはNetPCを導入しているものと想定される。
 WBTに関しては後発の規格のため出荷も遅れており、1998年4月にベンダー11社が日本語版WBTの開発を表明し、同年秋から出荷が行われている。
 このように、シン・クライアントは市場に投入されて間もない状況にあり、将来的な普及に関しても予測が困難である。しかしながら、既存の専用端末の買い換えや、旧型パソコンの再利用等への活用が期待され、ガートナーグループでは2000年までに世界で1,500〜2,000万台のシン・クライアントが導入されると予測している。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から