日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


1−2 シン・クライアントの種類

 シン・クライアントに関しては様々な規格が提案されているが、大きくはNetPC、NC(NetworkComputer)、Windows-based Te-rminalの三つに分類することができる。

(1) NetPC

 NetPCは1997年6月にウィンテル(マイクロソフトとインテル)により提唱されたシン・クライアントの規格であり、サーバ側でハードやソフトの設定を集中管理することを前提としている。マイクロソフトでは、同社のZAK(Zero Administration Kit)という運用管理ツールを併用することで最大38%のTCO削減が可能であるとしている。NetPCが通常のパソコンと大きく異なる点はCD-ROM・ドライブやフロッピディスク・ドライブを持たなくてもよい点と、自由に開閉できないシールドケースになっている点である。一方、ハードディスクがあり、そこからアプリケーションを起動するという点は通常のパソコンと同様であるため、Windowsパソコンを活用した既存の情報システムと完全な互換性が保たれることがメリットとして挙げられている。
 インテルはその後、NetPCから派生した規格としてハードディスクを持たないディスクレスPCや、CPUのみをインテル社製としOSを特定しないリーン(やせた)クライアントを提唱している。

表3−1 NetPCの主な必要条件

・CPUが133MHz以上のPentiumプロセッサ
・16メガバイト以上のメモリー
・エンドユーザーが簡単に開けられないシールドケース
・ハードディスクを備える
・CD-ROM・ドライブ、フロッピディスク
・ドライブは装備不要・最低一つのUSBポートを備える
・小型のケースデザイン

(出典:マイクロソフトのホームページ)

表3−2 ZAKの主な機能

機能 機能の概要
デスクトップ集中管理 システム管理者は、ユーザーが仕様を許可するビジネスアプリケーション、デスクトップの表示内容やユーザーにデータの保存を許可する場所を正確に指定することができる。これらすべては集中管理でき、ユーザーの設定作業はなくなる。
ローカルアクセス禁止 ユ」ザ」は自分のデスクトップにアプリケーションをインストールしたり、システム構成に変更を加えることができなくなり、システムダウンによる無駄な時間が削減される。
アプリケーションとデータのサーバヘの保存 ハードディスクをキャッシュ(一時保存)として使用することで、その都度ネットワークアクセスすることなくアプリケーションが利用できる。バックアップとセキュリティ管理が一元化でき、アプリケーションのアップグレードも一括して容易に行える。

(出典:マイクロソフトのホームページ)

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から