日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

「地方公共団体における情報システムの運用管理の効率化に関する調査研究」報告書

 事業名 地方行政情報処理技術の研究指導
 団体名 地方自治情報センター 注目度注目度5


3−4 比較評価

ヒヤリング調査行った三つの地方公共団体の経済性の試算結果を比較評価する。

(1) 総コスト

 総コストに関しては、地方公共団体A(以下、団体A)がほかの2団体と比較して小さくなっているが、これは業務アプリケーションが含まれていないことによると考えられる。地方公共団体B(以下、団体B)と地方公共団体C(以下、団体C)には、業務系アプリケーションの活用、サーバを2台置いたCSS等、共通点は多いものの、団体Cの方のコストが大きくなっており、団体Cにはコスト削減の余地があることがうかがえる。端末1台当たりの総コストに関しては、最も大きい団体Cにおいて年間400万円以上になっており、ガートナー・グループの試算による約12,000ドル/年や、TCOコンソーシアムの調査による平均180万円/年を大きく上回っている。一方、団体Cでは情報システム利用者数が多いため、利用者当たりのコストでは団体Bが最も大きくなっている。

(2) システム構築費
 
 業務アプリケーションを含まない団体Aでは、外部委託開発費が発生しておらず、システム構築費がほかと比較して低くなっている。団体Cのシステム構築費は保守費を含んでいることを考慮しても、団体Bを大きく上回っており、両団体のシステム的な相違が少ないことから、団体Cにおいてシステム構築費を低く抑制できる可能性があったと考えられる。団体Cでは業務系アプリケーションのカスタマイズに大きな労力を要しており、これがシステム構築費を大きくした主たる要因と想定される。したがって、カスタマイズをいかに抑制するかがシステム構築費低減のキーポイントと考えられる。

(3) 運用管理費

 運用管理費においては、業務アプリケーションを含まない団体Aのコストはほかの団体に比較して小さくなっている。これは運用管理費において、業務系情報システムのバッチ処理委託等の外部委託費の占める割合が非常に大きいためであり、また、トナー等の消耗品費に関しても、業務系情報システムにおける消費が多い傾向にある。
 外部委託費に関しては、団体Cにおいて団体Bの倍以上のコストを負担しており、情報システム部門の職員数に大きな違いがないことや、地方公共団体として基幹業務が同じであること等を考慮すると、団体Cにおいてコスト削減の余地があると考えられる。
 また、保守費に関しては、団体Bのコストは団体Aの16倍以上になっている。団体Bのハード保守費用のみと、委託費に計上されているサーバ保守費用を足した団体Aのハード保守費用全体を比較しても、団体Bの保守費は相対的に高いと考えられる。団体Aにおいては保守契約を結ばずに端末に保険をかけることで、保守費のコスト削減を図っている。

 

前ページ    目次へ    次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
413位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
27,627

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.「明日をひらくネットワーク社会」http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/kyouiku/videosyoukai.htm#h10
2.「イントラネットを利用した庁内システムの構築に関する調査研究」報告書
3.「在宅福祉サービスを支援する情報システムの調査研究」報告書
4.教育研修カリキュラム
5.「地方行政情報処理技術の研究指導」の報告書
6.ふるさと環境シンポジウム報告書「豊かな環境づくり大阪府民の集い」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から