日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

離島航路の維持・振興等に関する調査研究

 事業名 離島航路の維持・振興等に関する調査研究
 団体名 関西交通経済研究センター  


3. 経営合理化方策

 

経営改善のためには、収入増加とともに支出の抑制(経営合理化方策)の導入が必要である。経営合理化方策としては、「人件費抑制策(船員費の削減、船員2人体制の見直し)」及び「運航費削減策(寄港地の削減、減便、減トン)」がある。

 

1)人件費抑制策の検討

@船員費の削減

当航路の運航事業者の財務内容を見ると、総経費のうち人件費が約3分の1を占めている。これは従業員が高齢化しており、給与水準もかなり高いためである。そのため、従業員の若返りを図るとともに、嘱託化等を進めて人件費の削減を図ることが必要と考えられる。

 

A船員2人体制の見直し

現在は1隻につき船員が2人乗船しているが、後で述べる「減トン化」の実施に合わせて、この体制を見直し、1隻有資格者1人体制も検討する必要がある。また、東西航路の配船を一元化することで船舶と船員の稼動効率の向上を図る方策も検討の必要がある。

 

2)運航費削減策の検討

@寄港地の削減、変更

寄港地の中にはほとんど乗降客のない港もある。一方で、とれとれセンターや引揚記念館のように潜在的には観光客の利用を見込まれる場所への寄港も考えられる。長期的課題として、利用者や住民の理解を得つつ、これらの寄港地へ寄港する便の減便や寄港そのものの廃止及び変更を検討すべきである。

 

A減便

学校や病院が休みの日曜日や祝日は、ヘビーユーザーである通学生徒や通院の高齢者の利用がなくなるため、利用者が大幅に減少する。そのため、日祝日の休航、土曜日の減便の導入が考えられる。しかし、観光客の増えるシーズンには、日祝土曜日は観光客の利用が期待できることから、これらの減便については、観光客の動向やシーズン性を考慮して導入に踏み切るべきである。

 

B減トン

20トン未満の船舶に適用されるメリット(船長の資格は小型1級で可能で、機関長資格が不要となり、船員は旅客の乗降補助及び乗船券の販売等ができればよい。)を生かすため、現在の船舶を減トンする(報告書作成時点では減トン工事を実施し、20トン未満へ減トンずみ)。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,692位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
4,963

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「離島航路の維持・振興等に関する調査研究」の報告書
2.神戸港のハブ機能強化に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から