日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

九州・山口の港湾における物流機能の充実に関する調査研究報告書

 事業名 九州圏における海運の振興と近代化に関する研究
 団体名 九州運輸振興センター  


 

表5-7 主要港における港湾関係者の情報ネットワークの整備状況

 

  シンガポール 香港 韓国 ロッテルダム ハンブルク 日本
A B
港湾管理者 × × ×
税関 × ×
海貸業者 ×
船社(代理店) ×
フレイト・フォワーダー ×
ターミナルオペレーター ×
荷役業者 × ×
銀行 × × ×
保険会社 × × ×
航空会社(代理店) × × × ×

    注)○:接続 □:他の情報網との情報交換により接続 ▲:計画中

      ×:非接続 −:不明 日本A:SHIPNETS(現POLINET) 日本B:Sea-NACCS

   資料)ロッテルダム、ハンブルク、日本・・・運輸省「大交流時代を支える港湾」

      シンガポール・・・(財)港湾近代化促進協議会「港湾運送事業の課題と将来展望に関する調査報告書平成6年3月」

      香港、韓国・・・各港資料、パンフレット

   出所)運輸省「大交流時代を支える港湾」、各港パンフレット  

3)方策の概要

 EDIに対応したターミナルオペレーションシステムを関門港の各コンテナターミナルに導入し、自動化・省力化に対応するとともに、それらの相互接続により一体的なターミナル運営を実現する。
また、1999年に予定される次期関税情報システムの導入に併せ、これとターミナルオペレーションシステム、港湾物流情報ネットワーク、入出港管理システム等、さらには海外諸港湾との相互接続を実現し、船社や荷主、フォワーダーなどの情報交換のEDI化を促進する。  

4)期待される効果  

 ・関門港各ターミナルの統合的な情報管理によるオペレーションの効率化  

 ・輸出入に関する諸業務(申告、書類作成等)の簡素化、迅速化  

 ・情報ネットワークによる海外との連携の強化 等  

5)実現に向けた課題  

 ・税関等関係機関との調整 等

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,638位
(33,787成果物中)

成果物アクセス数
6,001

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月16日

関連する他の成果物

1.輸送ニーズの変化に伴う九州の内航海運のあり方並びに活性化策に関する調査研究報告書
2.熊本県下の主要港湾における海上輸送の整備に関する調査研究?中間報告?
3.「九州圏における海運の振興と近代化に関する研究」の報告書
4.海運振興関連施設
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から