日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


ことができ、その通信を大別すると次のようになる。

(a)船舶及び海岸局による個別、グループー括呼出し

(b)船舶からの遭難呼出し

(c)海岸局からの遭難呼出しの受信証の送信

(d)遭難呼出しを中継するための呼出しこの装置は、送信装置に付加されて動作するが、これとは逆の働きをするデジタル選択聴守(受信)装置があり、相互一対でGMDSSの通信システムの機能を有する。

(4)狭帯域直接印刷電信装置(NBDP)

デジタル技術を用いた自動電信技術であり、自動的に相手局と通信回線を接続し、通信文書の送受を行い直接印刷ができる装置である。(1)の装置と組合わせることにより、船舶局と海岸局又は船舶局相互間において、遭難・安全及び一般のテレックス通信を行うことができるものである。

(5)ナブテックス受信饒(NAVTEX)

従来は、通信士がモールス符号又は音声により受信した海上安全情報(航行警報、気象警報など)を手書きで伝達していたものを、 直接印刷方式で自動的に船橋にいる航海士に伝達することができる受信装置である。

国際業務では、518KHzの周波数を使用して英語の海上安全情報を各局が割当時間を守って、放送している。また国別の業務では、 その国の言語による海上安全情報も放送されており、日本では日本語ナブテックスとして424KHzの周波数で放送されている。

なお、この装置は周波数の関係で、サービスエリアが海岸から250海里〜400海里程度である。

(6)高性能グループ呼出受信機(EGC)

この装置はインテルサット衛星通信システムを利用して陸上から特定の船舶、特定の船会社などの船隊、特定の海域にいる船舶、全船舶ヘメッセージを送る単方向放送機能である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
298,534

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から