日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


対してだけでなく、船舶の航行水域(A1水域、A2水域、A3水域及びA4水域,1.2.2(4)参照。)ごとに搭載が義務づけられている設備によって、陸上の捜索救助機関に対しても伝達され、捜索救助活動がスムーズに行われることにある。

次にGMDSS機器の概要を述べる。

(1)MF/HF直接印刷電信・無線電話(MF/HF無線通信装置)

従来の無線装置は、モールス符号を用いた電信方式及び音声

による電話方式だけの通信方式のものが―般的であったが、GMDSSで使用されるものは、DSC(デジタル選択呼出)機能、 あるいはNBDP(狭帯域直接印刷電信)機能を付加することにより、自動的に通信の相手局と接続し、音声又はテレックスによる遭難・安全及び―般通信を行うことができる装置である。

この装置のMF(2MHz帯)は、150海里程度の中距離通信に適し、HF(4〜22MHz帯)では、周波数を選択することにより遠距離通信に適している。

 (2)VHF無線電話装置

本装置は、20〜30海里以内の近距離通信において、音声による明瞭な通信が可能なFM変調方式のものである。

港湾内又はその付近での海岸局と船舶局、船舶局相互間の遭難・安全及び海上移動業務などの―般通信に使用するもので、GMDSSではDSC(デジタル選択呼出)を付加することにより自動的に相手局と通信回線が接続できる。

(3)デジタル選択呼出装置(DSC)デジタル技術を用いて、自動的に相手局と通信回線を設定し情報を伝送できる装置であり、(1)又は(2)の装置などと組合わせて使用される。

DSCは、多数の無線局が同―周波数で共同運用している中で特定の局やグループ指定、あるいは全船を―括呼出しする

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,771成果物中)

成果物アクセス数
295,823

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年4月20日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から