日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(2)航行警報、新聞模写電送

JJCのコールサインで共同通信社が沿海における水路情報、警報、一般ニュース、海運水産ニュースなどを放送している。

ただし、この放送は共同通信社と受信契約をしないと受信できない仕組みになっている。

(3)漁海況模写電送

JFAのコールサインで全国漁業無線協会により近海の海況、海洋速報、沿近海漁場海況、市場情報などを放送している。

(4)通信用ファックス

短波帯の無線回線を使用したファックスと海事衛星回線を使用したファックスがあり、前者は漁船の船間通信、後者は遠洋漁船・国際航海の商船において陸船・船間通信で大いに発達普及している。

 

8.20 無線通信装置

船舶の無線通信機器は、船舶の運航機能を拡大し、乗組員の生命と船の安全を確保しつつ航行運輸作業を高能率化し、また漁獲生産性を向上させるためのものであり、無線通信の内容は、遭難、安全、緊急、警報、航行、気象、潮流、海温、測位、時報、新聞、集荷情報、船舶相互交信、漁業や魚市場の情報、更に気象庁との情報交換などが行われる。

その通信方式は、特殊技能を必要とするモールス式無線電信から自動化通信に変わりつつある。

特に海上における捜索及び救助に関する通信システムは、手動操作に依存している「SOS通信」から、近代通信技術を駆使し、船舶、陸上を含め自動化された「全世界的な海上遭難・安全システム(GMDSS)」に、1992年2月1日より船舶の建造日に合わせ段階的に導入され、1999年2月1日からは、平水区域等を航行する一部の船舶を除き、完全にこの通信システムに移行される。

GMDSSの基本的な概念は、遭難通信が付近の航行中の船舶に

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
296,505

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から