日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


に代えてIEC332−3Category Aにすることで国際的な合意が得られるため、将来的にはこの試験方法が一般化することになる。

 

5.1.1 絶縁体種別の選定

EPゴム絶縁ビニルシースあじろがい装ケーブルが一般に使用されるが、EPゴム絶縁の場合の導体許容温度は85℃となっているので、周囲温度が75℃を超える場所に布設する場合には、けい素ゴム絶縁ケーブルを使用する。表5.1に各種絶縁体の最高許容温度を示す。

222-1.gif

 

5.1.2 保護被覆の選定

シースには、ビニルシース及び鉛シースの他にクロロプレンシースがある。クロロブレンはビニルに比べて一般に耐低温特性が優れているので、寒冷地に配船される船や冷凍庫内に布設されるケーブルのシースには、クロロブレンが用いられることが多い。ただし、クロロブレンを上回る耐低温特性が要求される場合には、鉛シースケーブルが用いられる。

居住区などで外傷を受けるおそれのない場所には、がい装なしのケーブルを使用してもよい。

暴露甲板、貨物倉などには、一般に防食層付ケーブルが用いられる。

誘導ノイズを発生する回路や誘導ノイズの影響を受け易い回路に使われるケーブルは、シールド付とする。特に誘導ノイズの大きい回路には機器メーカーの意見も十分考慮して、各心シールドケーブルを使用する。また、船内通信装置などの回路で誘導ノイズの影響を受け易い回路には、一般に電話用ケーブルが使用される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
24位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
294,793

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から