日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船舶電気装備工事ハンドブック・設計編

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


は、無電圧、圧力低下等の要因により予備の電動機を自動的に切換えて運転し、航行の安全性を図っている。

また、操舵機、主潤滑油ポンプなどの船舶の安全、主機関の保護のため重要な補機の始動器では、不足電圧開放回路(UVR又はLVR)を採用し、船内ブラックアウト後電源が復帰した場合自動的に再始動するようにする。

この場合、発電機に急激に負荷がかかることを防止するため、投入電力の計算を行い、タイマにて始動タイミングをずらすようにしなければならない。


4.3 電 熱 装 置

 

4.3.1 機関室用加熱器

一般に機関室で使用されている加熱器は、シーズヒータを直接加熱液体に投入する方式のものである。これらはタンクに取付けるタンク取付形と配管の途中に設置して加熱するライン式のものに分けることが出来る。いずれも温度調節サーモ、空たき防止サーモを装備している。

また、装備する場合は、ヒータ部が液面上に露出しないように注意しなければならない。空だき状態になると、短時間でもヒータの断線事故の原因となる。

 

4.3.2 厨房用設備

船舶の厨房用設備としては、電気レンジ、電気オーブン、湯沸かし器、ホットプレートなどがある。装備場所及び機器の性格上、感量防止と火災予防対策が必要である。又、照明器具も近くに取付けるとグローブが熱のため変形したりするので、取付場所に注意する必要がある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
22位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
332,767

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備工事ハンドブック・工事編
2.「船舶の電気装備に関する技術指導」の報告書
3.通信講習用船舶電気装備技術講座(電気装備概技術基準編・初級)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から